分娩予約・お問合せ
WEB予約はこちら

不妊治療について

不妊治療の流れ

女性の検査は、基本的に月経周期にあわせて行っていきます。
 AMH(卵巣予備能検査)甲状腺、感染症や血糖値、抗精子抗体等の検査はいつでも可能です。

1.  卵胞期

月経2~5日目前後

ホルモン採血 LH FSH PRL E2 必要時は負荷テストを行います。
超音波(LUF:未破裂卵胞の有無や前胞状卵胞のチェック
子宮筋腫や内膜症等のチェック

月経7日目から10日目頃

HSG:子宮卵管造影検査
両側卵管の通過性および卵管周囲の癒着をみる検査です。当院ではレントゲン透視下でリピオドールという油性の造影剤を使用致します。痛みを伴う検査ではありますが、左右卵管の通過性が客観的に確認でき、妊娠率も向上致します。

子宮鏡検査
胃を観察するのが胃カメラですが、子宮の中を観察するのが子宮鏡検査です。
エコーで子宮内膜にポリープや子宮筋腫が疑われる場合に施行致します。

FT(卵管形成術)を行っております。

FTのみの方もご来院ください。詳しくはお問合せください。

2.  排卵期

月経12-14日目あたり(排卵時期は個人差があります)

超音波検査
排卵の状態について、予測をします。
ホルモン採血 
E2 … 卵の成長を確認します。
LH … 排卵約36時間前にピークを迎えます。尿中の簡易検査の場合もあります。

3.  黄体期

超音波検査
排卵の確認をします。
ホルモン検査
排卵した後はP4(プロゲステロン)というホルモンが着床の手助けをして妊娠となります。排卵後7日目前後でE2と一緒に採血して評価します。

男性の検査

2日ほど禁欲期間があればいつでも可能です。当院では精液検査を行います。
院内メンズルームで採取していただくか、自宅から採取後3時間以内の精液持参であれば検査できます。専用の容器をお渡しします。

当院の治療戦略

当院の治療戦略当院の治療戦略

治療戦略はあくまでも暫定的であり、患者様の治療歴や背景等を考慮したテーラーメイド治療を行ってまいります。
患者様のご希望を尊重しながら進めて参りますが、必要時は当院からも提案いたします。

お問合せ | プライバシーポリシー

徳永産婦人科

〒890-0034 鹿児島県鹿児島市田上2-27-17
080-7893-0932
代表番号:099-202-0007

Copyright @ 2019   徳永産婦人科